So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

注文住宅取得者の平均像2018 年々上昇する建築費 [注文住宅購入者の平均像]

坪単価は約10年で3割アップ……。


一般社団法人 住宅生産団体連合会。
同会は住宅に関する調査・研究・提言・国際交流・情報提供をしているハウスメーカーを中心とする団体だ。
この団体が「2018年度戸建注文住宅の顧客実態調査」の報告書を公表したので、おもな内容を紹介しよう。


まず注文住宅取得者の平均像を図にまとめたものがこれだ↓


注文住宅購入者の平均像2018.JPG


同会は

「世帯年収が若干低下したものの、建築費、住宅取得費が増加し続けていることから、延床面積を抑制するとともに、自己資金が伸び悩む中、贈与と借入金を増やすことで対処している状況が読み取れる」
と考察している。

確かに建築費は上昇し続けている。
本ブログで大手ハウスメーカーの平均坪単価を公表したのは2008年度分から↓



当時の大手ハウスメーカーの平均坪単価は約73万円。
それが10年後の2018年には約93万円、
つまり約3割も上がっている。

坪20万円の差ということは、
38坪なら760万円だ。
一部上場企業の課長さんの年収レベル!?

しかも後者の単価は工務店の建築費も含まれているので、
大手に限ればさらに上がっているはずだ。

なぜか?

材料費や人件費の高騰など色々言われているが、
やはり住宅性能の向上と最新機器の導入が大きいはずだ。

たとえば同調査によると最新機器・建材・技術で取得者の関心が高かったものは、
太陽光発電パネル(52.7%)
メンテナンスフリー外壁(43.7%)
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)(22.1%)
となっている。

これだけで300万円前後のアップになるはず。

一方で我々庶民の収入は、さっぱり増えていない。
国税庁の「民間給与実態統計調査」を確認すると悲しくなる。
2007年の平均年収は437.2万円。
10年後の
2017年の平均年収は432.2万円
むしろしっかり減っている……。

ハウスメーカーとしては人口減=建築数減で、
単価を上げていく戦略をとるしかないのかもしれない。
でも、庶民はそれにどこまでついて行けるのだろうか?



椎名前太ホームページ あなたの「心から納得できる家」が簡単にわかる!
http://www.zenta1.com/



ブログランキングに参加しています。
クリック↓どうかお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

 

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

2018年度大手ハウスメーカー戸建て販売戸数ランキング [販売戸数ランキング]

積水化学工業が旭化成ホームズを抜く!


住宅産業新聞が大手ハウスメーカーの2018年度販売戸数を公表した。

そのデータを基にランキングにまとめたので紹介しよう。


[目][目][目][目][目]



ちなみに昨年度まで三井ホームも入っていたが、

今回からは同社が三井不動産の完全子会社になったことから非公表となっている。


では、2018年度大手ハウスメーカー戸建て販売戸数ランキングはこちら↓


2018販売戸数ランキング.jpg


1位の積水ハウスは私が知る限り10年以上不動。
一方で前回2位だった旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)は積水化学工業(セキスイハイム)に抜かれてしまった。

ただし、正確なデータが入手できなかったが、
実質2位は一条工務店になるようだ。
https://www.ichijo.co.jp/corporate/


大きく数字を伸ばしたのはヤマダホームズ。
これは18年10月に合併したヤマダウッドハウスの実績が加わっているためだ。

また、住宅産業新聞では、2020年1月にミサワホーム、パナソニックホームズ、トヨタホームが合弁会社の傘下に入るので、累計約1万6000戸になり、積水ハウスを上回る見込み、となっている。
しかし、各ブランド名は残るし、工法などもそのままらしいので、
消費者としては「業界1位!」と言われてもピンと来ないと思う。




椎名前太ホームページ あなたの「心から納得できる家」が簡単にわかる!
http://www.zenta1.com/



ブログランキングに参加しています。
クリック↓どうかお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅評論家へ

 

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅
前の2件 | -